エステ脱毛でのレーザーの違い

エステサロンの脱毛広告やメニューなどで、レーザー脱毛と呼んでいるサロンもありますが、医療機関のレーザーとは異なります。

基本的にエステで行われているのは光脱毛です。レーザーとは周波数が異なりますが、脱毛の原理は同じです。
毛の元の黒い色素に反応し、熱によって脱毛をします。

医療機関との違いは照射できる出力の違いです。
エステでは無資格の者が施術を行います。もちろん脱毛施術を行うにあたって、必要な研修などは受けますが、特別な資格は不要です。
そのため、弱い出力の光やレーザーしか照射することができないのです。それでは毛の元を破壊することができません。
毛の元にダメージを与えることで、一時的に毛を生えてこないようにさせるのです。

通っていれば確実に綺麗な状態にはなりますが、それを永久的に保つことはできません。再び生えてきてしまうということです。

エステによっても使用する機器には違いがあります。
エステサロンが独自で開発したものもあれば、出回っているものもあります。ただ照射できる出力という点ではいずれにしても制限があるため効果に大きな違いはありません。

エステサロンによって、脱毛に力を入れている部分は異なるので、検討しているサロンは調べて比較してみた方が良いと思います。
脱毛と同時に美肌効果があるもの、お肌への負担を軽減したものなど様々です。

効果という面では大きな違いがないので、コース内容などで決めても良いかもしれません。